『秋田音頭考・西馬音内盆踊り考』

秋田音頭を現代のラップとして蘇らせ、元気な秋田をつくろう。「秋田音頭」の現代のあり方を示唆する。流麗優雅、全国の中でも傑出した美しさで知られる「西馬音内盆踊り」。何の変哲もない小さな田舎町に、なぜこの踊りが伝えられたのか。発祥の謎に迫る。

発行年数2020年11月
著者小田島清朗
頁数246頁
備考46判 並製
本体価格1,700円(税別)